Thursday, November 17, 2022

福岡巡り

 こんにちは。M2の五十川です。2回連続の登場です。

11/3に,EcoBalacnce学会で福岡に行くついでに福岡近郊での環境保全が行われている場所を巡りました。今回はそのレポートのJapanese版です。

今回の視察では,アメリカ・Yale大学からEcoBalance学会のためにはるばる日本へいらっしゃったReedさんと一緒に巡りました。

まず,川下りで有名な柳川へ。船に乗り,柳川城跡の外濠水路を船頭さんの説明とともに眺めました。ちょうど訪れた時期が柳川出身の文豪である北原白秋をたたえる「白秋祭」の日であり,普段は見られないであろう灯篭や提灯が飾られていました。昼頃に訪れたので残念ながら灯篭流しは見れなかったのですが…。

川に面した出店も

次に,ラムサール条約にも登録されている有明海方面へ向かい,熊本・荒尾市にある荒尾干拓水鳥・湿地センターへ訪れました。館員の方曰く,荒尾干潟は定期的にボランティアの方が清掃活動を行っているようで,他の干潟とは異なりいつも綺麗なことが自慢ですとのこと。確かに海岸にはほとんどゴミが落ちていなかったような気がします。また,ノリ養殖の展示では,館員の方のご説明も受けながら皆興味を示していたのが印象的でした。

 

荒尾干潟にて

その後,2015年に世界文化遺産に登録された三池炭鉱へ。明治期から昭和期にかけての石炭産業の栄枯盛衰に関する資料を一通り見たのち,閉山後の工場の様子を当時の労働環境を想起しながら見学しました。

炭鉱の工場

最後に,干拓事業の一環として建設された永治堤防・矩手(かねんて)水門へ。干拓地をつくるため,100年以上も前により効率の良い排水を行うために建設された堤防・水門で,水門のレンガによるアーチが印象的でした。

矩手水門(見えづらいですが)

EcoBalance学会では環境を主なテーマと捉えていたため,河川とその関連施設を主とした普段の調査とは異なり新鮮味がありました。今回の視察でエネルギー問題や生態系保全等に対し,より深く考える非常にいいきっかけとなったかなと思いました。

Tuesday, November 15, 2022

EcoBalance国際会議で発表しました

 こんにちは。川崎グループM2の五十川です。

先日10/31~11/2に福岡で開催されたEcoBalance国際会議に,Hanさんと僕と参加してきました。今回はそのレポート日本語版です。

そもそもEcoBalance国際会議とは日本LCA学会が主催する国際学会で,ざっくり説明すると持続可能な社会の構築のために,採取から運用,リサイクルや廃棄といった資源のライフサイクルアセスメント(LCA)に関する様々な研究を取り扱っています。川崎グループで最近取り組み始めたテーマであるため,川崎先生自身もこの学会は初めて参加されるとのことでした。。

看板の前で

個人的に対面学会は初だったため,九州大学や東京理科大学,立命館大学など他大学の学生や各企業・研究所の研究者との交流が行えたのが大変意義深いものだったと思います。なお東大工学部に限っても,都市工・化シス・精密など幅広い領域から参加しており,他学科の研究が具体的に知れるまたとない機会でもありました。ただ社基からの参加は珍しく,こんな研究も社基ではやっているんですね~と言われることも(どこ研究室ですか?と訊かれて???となることもしばしば…笑)。それほど多種多様な分野からの発表が行われていました。

そのため,我々が取り組む研究以外にもライフサイクルや地球環境問題に対する新たな視点を得られたのは大きいと思います。現在私が手法として扱っている産業連関分析に関する研究はもちろんのこと,特定の生産業に焦点を絞って生産から消費までのCO2排出量評価や,政策決定や資金調達等実際の運用に際する課題について,専門的な部分まで知ることができました。

東大IFIも関わるGlobal Commons Stewardship index(GCSi)についての発表の様子

またポスター発表では,日本の食糧産業が海外に間接的に与える地球環境負荷の評価といったテーマで発表しました。対面の学会発表は初なので緊張していましたが,多くの人と深い議論を行い,様々なアドバイスを受けたり,この研究おもしろいね!と言われたりなど,実りのある経験になったと思います。

ポスターの前で

今回の国際会議では著名な研究者とお話しする機会もあり,学会を通して刻一刻と迫ってくる修論完成に向けて非常にいい刺激になりました。心を入れ替えて頑張りたいと思います。

おまけ:Banquetでの忍者ショー。海外の方には大ウケ
でした



Wednesday, November 9, 2022

Visit to Fukuoka

 Hi, this is Zhao Han, a Ph.D. student in the Kawasaki Lab. Here I would like to share the wonderful experience I had visiting Fukuoka.

I was filled with excitement and anticipation as I boarded the departing plane, and with the low roar of the engine, I didn't get a wink of sleep the whole time, looking forward to arriving in time. Fukuoka Prefecture is located in the northern part of Kyushu Island and is the most populous and developed prefecture on the island, known as the "Gateway to Kyushu". Fukuoka is a gourmet destination, with sushi, seafood, chicken skewers, and beef hot pot, some of which we can enjoy at roadside stalls.

Isogawa-san recommended the most famous local ramen —"Shin Shin Ramen“—to us, and we queued up for it without thinking twice. This ramen is really good, made from pork bone broth and thin noodles, rich in bone glue, and refreshing. 

We spent the rest of the day in various meetings and conferences and had no time to go around the city. It was only on our last day that we had time to explore the surrounding area, arranged by Prof. Kawasaki.  Our first stop was Yanagawa, where the first impression I got was that I might have come to a fake Japan. What's with the whitewashed buildings, the willow trees draped over the sides, and the wooden boats drifting down the river? But it really is a Japanese city. Yanagawa reminds me of Venice, it would be a waste not to go boating here.

The second place we visited was Araohigata Waterfowl and Wetland Center, a wetland park run by the Japanese Ministry of the Environment to protect the environment for birds.  The locals enthusiastically introduced us to clams, seaweed, migratory birds, shellfish, sandworms, and a host of other creatures.

 Finally, we visited the Miike Mine Manda Pit, located in Omuta City, Fukuoka Prefecture, and Arao City, Kumamoto Prefecture. The Manda Pit is listed as a World Heritage Site as part of the "Industrial Revolution Heritage of Meiji Japan", and it was a great experience to walk around the area with a retro feel.


It was a wonderful experience and I hope to return to this city again!

My EcoBalance 2022 conference experience

This is Zhao Han, a Ph.D. student in the Kawasaki Lab. Here, I would like to record my participation in the International Conference on EcoBalance 2022 from 31 October - 2 November.

The International Conference on EcoBalance, organized by the Institute of Life Cycle Assessment, Japan (ILCAJ), is held every two years. Recognized as one of the world's premier conferences for professionals from academia, industry, and government, the Ecobalance 2022 is in its 15th year and is held at the Fukuoka International Congress Center.

I was thrilled to attend for the first time! I met with researchers from major Japanese universities such as the University of Tokyo, Waseda University, Kyushu University, and Tohoku University, as well as other prestigious universities around the world such as ETH, Yale University, and Leiden University. The sessions were held in separate sessions for different topics. Due to the large number of accepted topics, many sessions were held in parallel. We need to check out the sessions that interest us and then go to a specific venue at a specific time.

In addition to the sessions, the conference also featured presentations by industry experts. For example, Mr. Hiroshi Ozeki from Nissay Asset Management Corporation spoke about Trends and expectations in the investment industry for carbon neutrality. It is believed that these explorations will significantly contribute to improving environmental and social sustainability in the medium to long term.

Meanwhile, listening to the fluent and confident presentations of others at the conference immediately made me feel a lot more stressed. At the conference, I presented to the audience some of the progress of my research on determinants of changes in crucial environmental indicators for Global Commons Stewardship in China based on the MRIO model. I also received a lot of helpful comments during the conference. Once I finished my presentation, I was finally able to start enjoying the conference.

I traveled non-stop to the different sessions to listen to the topics that interested me, which greatly enriched my perspective. On the evening of the 31st, I attended the Ecobalance Young Researchers' Workshop, where Professor Dr. Matthias Finkbeiner from Technical University Berlin gave a very interesting and humorous presentation on practical LCA. It was the first time I had a complete understanding of LCA assessments!

Overall, the various experiences of the conference were an incredible eye-opener for me at the time and also honed my ability to act and judge independently, it was very memorable.


Monday, October 31, 2022

~UNDP’s Mission~Partnership with Japan and Career

 

【イベント案内】

UNDP(国連開発計画)’s Mission

 Partnership with Japan and Career

 We are pleased to welcome Mr. Steve Utterwulghe, Director of Public Partnerships at UNDP, to learn about the organization and its operations, career development in the field of international development, and its partnership with Japan. He will also talk about UNDP’s vision and activities to eradicate poverty and achieve SDGs.

Title: UNDP’s Mission, Partnership with and Career

Speaker: Mr. Steve Utterwulghe, Director of Public Partnerships, UNDP

Date and time: Monday, 7 November 16:30-17:30

Venue: Eng. Bldg. No.1 Room 17 (2nd floor 234) / 工学部一号館17号教室

Language: English

Moderater: Kawasaki

No signups, all of you are very welcome to join this seminar!

Please see below for further information. 






Tuesday, October 18, 2022

10/22日 ぼうさいこくたい2022セッションに登壇します! 「21世紀前半に発生が確実視される国難級災害を乗り越えるための,レジリエンス確保のあり方」

            
          ~☆川崎 登壇します☆~ 

日時: 10月22日(土)14:30~16:00 
ぼうさいこくたい2022セッション / 日本学術会議公開シンポジウム 

「21世紀前半に発生が確実視される国難級災害を乗り越えるためのレジリエンス確保のあり方」

の セッションに登壇します!(セッション番号S-18) 

現地会場(兵庫県神戸市 JICA 関西)とオンライン(Zoom)のハイブリッド開催となりますので、 是非、Zoomで参加してください。 

現地会場、オンライン接続先等の詳細については、下記をご参照ください。
○ぼうさいこくたい2022のページ(セッションS-18)
○日本学術会議ホームページ  





Thursday, September 8, 2022

初めての学会発表!

川崎グループM2の安藤です.9/5~7まで京都に行ってきました! 学部生の頃,私は洪水が常襲する途上国での洪水被害に関する研究をおこなってきました.特に教育年数や性別などの個人属性に着目して,洪水被害を分析しました.私の研究では,洪水被害を特徴付ける指標として,個人の収入損失に着目しました.分析の結果,農村部の女性を除いて,教育年数が長くなるほど,収入損失が小さくなることがわかりました. この結果を,卒論の最終発表で社会基盤学科の皆様にオンラインでお伝えすることはできましたが,日本全国で自分の成果を発表できる機会が欲しいと思い,水文水資源学会に参加することにいたしました. 本学会は,下図のような京都大学宇治おうばくプラザで行われました.
京都大学に訪れるのが初めてで,かつ非常に大きなホールで皆の前で発表するという機会がなかったので,非常に良い経験となりました.水文学の専門家が多く発表を聞いている中で,まだ水文学に関する知識もそこまで深くない自分が発表するのは非常に緊張しました. また,発表では同大学の生研に所属している山崎先生の発表が特に印象的で,既存の論文の形態にとらわれず,オピニオン論文として,新たな枠組みを設定することで,より多くの論文提出の機会を提供できるようになるとのことでした.一般的な論文の形式とは外れてしまいますが,非常に価値の高い主張というのは数多く存在すると思うので,このような通常の成果だけではなく,様々な論点での発表機会を与えてくださる本学会は非常に有意義だと感じました.下図が本学会の発表の様子です.
さらに,他にも,水文学の専門家の私にとっては非常に難しく感じる発表から,数人の学科同期の発表も聞くこともでき,非常に多くのことを学べました. この発表会場が宇治にあり,近くに平等院鳳凰堂があったので,学会が始まる前の空いている時間に平等院鳳凰堂も訪れ,日本の歴史や京都の風情も感じることができ,個人的には大満足の3日間でした.
最後に,このような貴重な学会発表に機会を提供してくださった,水文水資源学会の会員の皆様,このような機会を提案してくださった川崎先生に非常に感謝しております! 最後まで読んでくださり,ありがとうございました!